あめりかの田舎から

アクセスカウンタ

zoom RSS えいご(2) 時間を表すat・in・on

<<   作成日時 : 2009/11/04 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

nightとevening。どちらも夜を示す言葉です。
ところが、大きく異なることがあります。それは、単語の前につく前置詞。

nightは“at night”ですが、eveningを用いる時は“in the evening”となります。
“on night”とは絶対に言わないのだとか。

時間を示す前置詞も at なので“I start work at 11:30 at night.”という文章も正しいことになります。
“Why?”とESLの先生に質問をしたら、“I have no idea.”という回答が返ってきました。これらは日本語でいうところの慣用句のようなものなのでしょうか。

やはり夜を示す言葉ですが、weeknightsは“on weeknights”となり、これまた違う前置詞がつくことになります。
「へぇ〜」と思いながら聞いていると、まだまだ先生の説明は続きます。

例えば、“before”と“until”の違い。
「6時に起きる」場合は“before 6:00am”だそうですが、「6時まで寝ている」場合には“until 6:00am”なのだとか。
ある時点から動作がスタートする( この場合は起きる )時はbeforeを使うそうですが、その時点まで操作が継続される(この場合は寝続ける)時は、untilを使うのだそうです。

こんなにも前置詞が重要な働きをすると、今まで考えもしませんでした。

ちなみに“on Friday”と言うと“ある金曜日一日”を指すことになりますが、“on Fridays”となると“毎週金曜日”を意味します。

ちょっとした言葉の違い。でも意味は大きく違う。
今更ながら、英語がおもしろくなってきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えいご(2) 時間を表すat・in・on あめりかの田舎から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる